鉄道模型サークル レールうぇ~い☆ (旧:ステリエスの色々なこと)

モバゲーを中心としたサークルの個人ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レールうぇ~いユニット

このたびレールうぇ~いユニットの使用方法をWeb上で紹介しようかと思いましたのでご紹介します。

まずはユニット組み込み済みの車両からご覧ください。
IMG_0326.jpg

一見ただのワラですが、中にはユニットが入っています。
IMG_0327.jpg

これがそのレールうぇ~いユニットです。
精密機器なので扱いには注意してください。
IMG_0328.jpg
といってもただBluetoothヘッドセットを剥いただけですが・・・

スピーカー部は加工ができますが、場合によっては中の配線が切れて使用不能になってしまいます。
IMG_0329.jpg
画面上の赤い線が1mm程度の加工が可能な部分です。
青い線の部分は中に配線があるため削れません。

機器を繋いでいる線は100円ショップに売ってある安いモノラルイヤホンの線です。
元の強度がないので断線に注意してください。
もし切れた場合は下の写真を参考に繋いでください。
IMG_0332.jpg

自分は充電、音量操作などから車両に固定して詰め込む加工はしていません。
なので使うときは車両に詰め込む前に電源を入れておく必要があります。
ちなみにウーファーの役割をしているのはマスキングテープです。
長ければ長いほど音がこもって響くと思いますが、方法はこの限りではありません。
IMG_0333.jpg
送信側とユニットの接続操作云々に関しては省略させていただきます。

主にIphoneなどで利用が可能ですが、この送信機を使うとイヤホンジャックがあれば何にでも使用できます。
IMG_0334.jpg
こんな感じに・・・
IMG_0335.jpg

これで音を流せば車両から音が出るわけです。
しかしながら非圧縮のWav形式でWindowsに標準で入っているサウンドレコーダーで音を大きくする加工をしなければ音が大きく出せず、ファイルサイズが大きくなるなどの課題もあります。

少なからず加工したファイルは順次アップローダーへ上げていきますが、多忙のため製作が遅れております。
今後ともレールうぇ~いユニットのご利用をよろしくお願い致します。
  1. 2012/10/15(月) 19:19:17|
  2. 01:鉄道模型
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<レールうぇ〜いユニット サンプル動画 | ホーム | レールうぇ~い☆アップローダーについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suteries.blog118.fc2.com/tb.php/66-f6599f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【レールうぇ〜いユニッ】

このたびレールうぇ〜いユニットの使用方法をWeb上で紹介しようかと思いましたのでご紹介します。まずはユ
  1. 2012/10/26(金) 00:36:35 |
  2. まっとめBLOG速報

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。